体は小さくも住みつかれると怖いねずみ退治 - 屋根裏のねずみ駆除の手順

体は小さくも住みつかれると怖いねずみ退治

夜中に屋根裏を走り回る音が聞こえ食べ物を荒らされたり、家の中にねずみがいる気配があると落ち着かないものです。
体は小さいですが固いものをかじる習性があるため大事な家具や建材をかじられたり、電気の配線をかじられると火事をおこす場合もあるのです。



被害を確認したら早めにねずみ退治を始めましょう。
しかし、たまたまエサを求めたねずみが侵入している場合と、家に住みつき繁殖をして数が増えてしまっている場合では退治の難易度が大きく異なります。


エサを求めて入り込んだだけなら、そのねずみを駆除すれば終わりですが、繁殖していると自力でねずみ退治をするのは難しくなるのです。
ます自力できるか業者に頼むべきか、被害の状況を確認する必要があります。
1匹だけでなく複数のねずみが走り回っている気配がある、気配だけでなく部屋の中でねずみの姿を見る場合、警戒心が強いねずみが人がいる空間まで入り込んでくるのは、家に慣れていることを示しており、巣を作り繁殖している可能性が高いのです。
繁殖している場合は巣から全てを追い出して駆除し、巣を撤去しなければなりません。



しかしねずみが住みついている屋根裏に上れない構造の家だと、ワナや忌避剤の設置も難しくなります。また家が古くねずみの侵入口を塞ぎきれない場合も、根本的なねずみ退治は困難なため被害が深刻な場合は、専門の業者に依頼するのが良いでしょう。



一般的な退治グッズは、捕獲カゴや比較的扱いやすいワナの粘着シートや殺鼠剤などがあります。

粘着シートを使用する場合、仕掛ける場所は糞が落ちていたり、壁にねずみの体の汚れが黒い線で残っているラットサインがある部屋の隅に、できるだけ多く設置します。


殺鼠剤を使う場合は周囲に食べ物があると食いつかないので、残飯や食品はしっかり片付けておきましょう。