家の売買に関する仲介手数料の正しい理解をしよう

subpage01

家の売買に関する仲介手数料の考え方は、かなり誤解を受けている傾向があります。

本来、仲介手数料というのは片方が一方的に支払わなくてはいけないものではなく、取引に関わる双方が協力して支払うものなのです。


そもそも、家を売却する方も仲介業者を利用して自社の不動産の広告を作ってもらって宣伝をしてもらっているという事実があります。



また、不動産を販売するために所有している不動産を仲介業者に任せているのは会社だけではなく個人も同じです。

家などの不動産を購入してもらうために広告を作ってもらって宣伝をしてもらう時には、仲介手数料からすべての費用が支出されるのでこの費用を購入希望者が支払うことは公平ではありません。



また、仲介手数料というのは、あくまでも契約が成立した時に支払う成功報酬の一部として考えられていますので、契約が成立するまでは料金を支払う義務さえ存在しません。


これは、広告や宣伝に関する費用をきちんと売れるまでは正確に計算することが出来ないことに起因しています。


成功報酬として定義しておかないと、不動産の売買が終わっていないにもかかわらず費用を請求できることになってしまいますので、不動産を売る意思がなくても広告や宣伝活動だけをしてけば料金が発生することになります。

これでは法定外の費用が必要になりますので、仲介手数料成功報酬として定義されているわけです。
成功報酬として両者を仲介する仕事をしている以上、両者の折半で手数料を支払うのは当然であると考えられています。